なちりくの機材まとめ

主に購入した音楽機材、PC関連のレビューや記事をまとめていきます

【機材レビュー】Ibanez Promethean Series P5110 (P500H)

今回紹介するのはベースアンプ


自宅用、スタジオ用のヘッドアンプを探しているうちに、
ベースキャビネットは選択肢少ないし、ギターよりもコスパ高いし…
などと考えており、なんとベースコンボを改造しキャビとして使用している人を発見
それならば…と探しているうちに発見したのがIbanezのprometheanシリーズ


なんとキャビとヘッド (P500H)が分裂する素晴らしい仕様

f:id:natirik:20210416113955j:plain

※スピーカーケーブルが短いので通常は上にのっけたまま使えません

 

ちなみに現行でもまだ発売されており(P3110D)、それとはスペックが若干異なっています。


5110はグライコ搭載、diアウトのeqをpre.post変更可能、フットスイッチ対応(mute vibeコントロール)、スピコン対応とかなり多機能
出力も4ohm500wとこちらの方がパワーがあります


共通しているのが
EQを変えるVibeスイッチを搭載
Vibeはビンテージ~モダンへと音色変えるEQ
3110だとPhat Controlになってます。これはノブに位置によって中音域~ミドルカット、ドンシャリなスラップサウンドに変えるeqみたいで
5110のVibeとほぼ同じコントロールだと思います

 

重さは約3kgほどと片手で持てる範囲

 


正直、実機のアンプはアンペグしか触ったことないので音色はよく分かりませんが、10インチキャビでもツイーターがあるおかげかしっかりと低音がでて、eqを操作できるノブ、スライダーが多いため様々なジャンルで対応出来るベースアンプだと感じました。(歪まない範囲で)


マイナスに感じたのが、アンプから出るホワイトノイズ
他の出品で中古販売されている説明を見ると、ボリュームゼロでもホワイトノイズが発生
自分のも発生しているので、割とノイズは出やすい機種なのかもしれません。
まぁ、発売してから10以上たっていると思うので今度コンデンサ周りでも覗いて見ます。


そして、これを別ヘッドのキャビネットとしても使う予定なので中を拝見し…なんとツイーター搭載するためか基板がのってました

f:id:natirik:20210416114156j:plain


スピーカーケーブルを無理やり伸ばし、キャビネットの上に設置するように改造しました。

ものすごい使い勝手のい良いアンプ…これの最新機種がまた出ることを願います…

コンボアンプのスピーカーケーブル交換/キャビネット化

今回はタイトル通り前に紹介したblackstar ht-5のスピーカーケーブルを交換し、

そのついでにスピーカーをヘッドアンプでならせるようにしたというお話

 

このアンプCELESTIONの10インチが乗っていて、結構パワフルでパンチのあるサウンド

とても気に入っているんですよ・・・

 

ということで作業開始です

もとにつながっていたケーブルは黒無地・太目なケーブル

かなりタイトに作られており、伸ばすのは不可能です

 

 今回使うスピーカーケーブルはこれです↓

BELDEN ( ベルデン ) / 9497 スピーカーケーブル 1m

通称ウミヘビとよばれるスピーカーケーブル

BELDEN ( ベルデン ) / 9497 スピーカーケーブル 1m

です

いろんな場面で使われる定番ケーブルの一つです

スタジオのアンプの裏とかでもよく見かけますね~

 

あとはプラグとファストン端子というものを使います

NEUTRIK ( ノイトリック ) / NLファストン 170335-1

NEUTRIK ( ノイトリック ) / NLファストン 170335-1

数は多いですがサウンドハウスさんでもとりあつかってます

 

自分はこれをカートに入れていたところ、たまたまホームセンターにあったのを使ってます

 

f:id:natirik:20210222140921j:plain

 

まずはプラグを取り付け・・・

この時にどちらが+かをしっかり把握しておきましょう

f:id:natirik:20210222141031j:plain

そしたら反対側を専用の工具を使ってかしませます

自分は新しく買い足しましたが、ペンチなどでもできるそうです

これは下から二番目、ワイヤーカッターの上のくぼみを使います

m字みたいに固定されます

f:id:natirik:20210222141240j:plain

外すとこんな感じ

f:id:natirik:20210222141207j:plain

肝心の画像がとり忘れ・・・

はんだはつけずにぎゅっとくっつけるだけなので簡単でした。

f:id:natirik:20210222141436j:plain

最後にプラスマイナス間違えないように差し込むだけで完成です!!

f:id:natirik:20210222141602j:plain

ヘッドアンプも問題なく接続完了

※アンプとスピーカーのインピーダンスには気をつけてください!

f:id:natirik:20210222141644j:plain

 

サウンドはハイとローがくっきり出るようになった感じがします。

 

完成品も販売してたりもしますが、自作すると安く済み

やっぱりものづくりは楽しいですね~

 

 

 

【機材レビュー】Mesa Boogie MINI Rectifier 25 Head 

今回紹介する機材は小型ギターアンプ

MESA BOOGIE 

MINI RECTIFIER TWENTY-FIVE

言わずとも知れたハイゲインアンプの代名詞

Rectifierシリーズの小型版です

f:id:natirik:20210201204851j:plain

赤く光るのよきです

発売日は2011年ともう10年近く経ちそうですが

アナログ機器の音質というのは衰えず

今も人気の高いアンプです

 

スペックは下記の通り

重量:5,5kg

パワー管:EL84 x2

プリ管:12AX7 x5 

2チャンネル 個別EQ

モード切り替えに[clean-pushed]  [Vintage-Modern]

出力切り替え10w/25w

Effect loop (背面スイッチでバイパス切り替え)

 

とかなり良いスペック

フットスイッチはチャンネル切り替えのみ

モードも切り替えれたら最強でしたね〜

 

Mini Rectifierは見たかぎり2つ種類があるみたいで

背面のfx loopのバイパス切り替えがある初期型と

シールドを入れるとfx loopがオンになる現行品があるみたいです

 

初期型には10w時に発振する不具合があったとか・・・

自分のは特に問題なく使えていますし

自宅ではloopにシールドを挿しっぱなしなので

この切り替えスイッチは地味に有難かったりします

 

サウンドはrecti譲りの綺麗なクリーン、ドンシャリした

ハイゲインディストーション

整流管がなかったり、パワー管が違うので

比べれば音の差異があるかも知れませんが

Miniの方も良いサウンドであることは間違いありません

(海外の方で詳しく比べているのでそちらをご参考に)

 

サウンドサンプル

 

録音機材

GIBSON sg burstbucker リア

Mic JTS PDM-57

UR-22C

cleanから順番にgainを90度くらいづつあげてます

(その都度volumeも調整)

EQはすべて真ん中

フットスイッチでCH2に切り替え

最後は10ワットにきりかえてます

 

個人的にはcleanチャンネルpushedのクランチのサウンドがとてもよく

MIDを程よく調整すればブルースなんかも気持ちよく弾けます

マーシャルやフェンダーアンプみたくEQに癖がないのでとても扱いやすいのです

 

vintageモードもプレキシ感のあるきめ細かいディストーション

非常に使いやすい!!

modernはかなりのドンシャリサウンド

ノイズゲートとブースターを加えればdjentなんかも気持ちよく楽しめそう

 

ちょっと気になったのがvintageとmodernの音量差でしょうか

スイッチを切り替えると再度volumeを調整する必要が出てきます

(サンプルでは切り替え時にハウリングを起こしそうになってます)

曲中に切り替えることはないので問題なしですが

modernは音がデカ過ぎて自宅での使用にはかなり気を使いそうです。

 

それと10wのモードは音量が下がると同時に音が引っ込んで

25wと同じくらいの音量にしても、25wの方が明らかに

音の出が早くいい音に感じました

 

総合的にみても自宅、スタジオ、ライブと使える最強のアンプ!!

しばらくはお世話になりそうです♪

【機材レビュー】JOYO MULTIMODE WAH Pedal WAH-02

今回紹介するのはJOYOのワウペダル

JOYOは中華ペダルの中でもかなりの知名度を誇るブランドです

 

特に最近なんかでは、前に紹介したRシリーズが見た目、音質ともに人気を博しています

 

今回はその中でも小型・多機能を売りにしているワウペダルのご紹介

f:id:natirik:20210130202208j:plain

 

JOYO MULTIMODE WAH Pedal WAH-02

別モデルのCLASSIC WAH Pedal WAH-01

をもとにしたモデルで

01にはなかったQコントロール、周波数切り替えが可能となっています

 

周波数は6段階

ボリュームの最小調整も可能

f:id:natirik:20210130202648j:plain

LEDが両サイドに搭載しており

高明度なみどりを発するため、視認性もとても良いです

 

サウンドはこんな感じ

 
Volume→Bypass→Qコントロール→周波数切り替え
 
サウンドは黒いワウに近くクラシックな感じ
クリアでレンジが広く使いやすそうでした
 
難点を上げるとすれば
Volumeモードが原音と少し違く聞こえる
これは商品説明に信号の損失を抑え、音質を損ねません
と書いてありますが、劣化はないものの少し音量が上がり、ファットに感じます
 
そして、電源がアダプターでしかつかないところ・・・
たいていの小型ワウは9v電池使えず、これもそうなのですが
中身を空けてみると電池がすっぽりと入るのですよ

f:id:natirik:20210130203546j:plain

・・・・・・ん?
 
ということで電池をつけるように改造しました!!
 
センターマイナス9vになるようにテスターで計測し、はんだでつける
 
これだけで持ち運びやすい多機能ワウの完成です
(改造は自己責任でお願いします)
 
重さは480gとクライベイビーの1/3ほど
これならギグバックのポケットを傷めないぞ・・・
 
ではまた。
 
 

【機材レビュー】AMPEG Classic Analog Bass Preamp ベース用プリアンプ

今回紹介するのはベース用プリアンプ

AMPEG Classic Analog Bass Preamp

f:id:natirik:20201019224222j:plain

言わずもがなあのampegのプリアンプですね

おそらく一番有名なベースアンプでしょう

 

ほかのプリアンプと違うのはこのサイズで分かる通り

 

ドライブチャンネルがなく純粋なampegサウンドが出せます

 

しかし、DIは搭載していません

まぁ必要していないのでよし!

( SCR-DI はオーバードライブ・DI付)

 

本器の特徴は何といってもウルトラ・ハイ/ウルトラ・ローのシェイピング・スイッチ

これだけできもちいいドンシャリサウンドが生み出せます

 

しかしこの機体には重大な欠点が・・・

それはノイズです。

自分は中古で買ったので今はどうなっているのかわかりませんが

SHさんのレビューではノイズが気になる等の記載が結構ありました・・・

具体的にはトレブルを上げるとホワイトノイズが発生

エフェクターだけにしてもノイズは変わらず

いいエフェクターだけに残念です。

スタジオではさほど気になりませんが、家で使うと気になります・・・

とりあえず録音しましたので↓

EQはフラットスイッチは両方ともにON
使用しているのはパッシブジャズベース
これはEQはいじってないので若干耳に痛いですが使う機材に合わせれば
かなり良いampegサウンドが出せると思います
シェイピング・スイッチを押さなければ太目なサウンドがも出せるので
いろんなジャンルを演奏できそうです
 
見た目、音色ともに良いだけにノイズが出るのは残念でした・・・
今度実機を楽器屋さんで見かけたら試してみたいと思います。

【機材レビュー】JOYO ジョーヨー エフェクター VISION R-09

今回はコスパ最強のJOYOからモジュレーションマルチのエフェクターを紹介

f:id:natirik:20201003151800j:plain

これは最新のRシリーズ
本体背面の操作スイッチにより、サイド、下部のLEDを光らせることができます。

以下詳細
'Sync'フットスイッチのオン/オフに合わせ、サイドのLEDが点灯します。
'Always'フットスイッチがオフの状態でもサイドのLEDが点灯します。
'Off'フットスイッチがオンの状態でもサイドのLEDは点灯しません。

そしていつものトゥルーバイパス構造です。

 

特徴は
・ステレオ入出力を備えたデュアルチャンネルエフェクター
・独立したコントロールノブとそれぞれ9種のエフェクト(計18種)
・タップテンポで様々なトーンの組み合わせを実現
・シリーズ(直列)とパラレル(並列)に切り替え可能

Mode A
(1)MOD-PH(フェイザー)(2)CHO(コーラス)(3)ST-PH(フェイザー
(4)FLG(フランジャー)(5)RING(オクターブ+電子ノイズ系)(6)ROT
(7)TREM(トレモロ)(8)LOD-PH(9)TRI-CH(コーラス)

MODE B
(1)OPT-TRM(トレモロ)(2)SM-CH(コーラス)(3)LOW-BIT
(4)AT-WAH(ワウ)(5)ANJG-FL(フランジャー)(6)PHASE (フェイザー
(7)OCTA(オクラーブ)(8)STUT (9)VIBRA(ヴィブラート)

タイプが同じエフェクトもありますが数が18とかなりあります

これもいつも通り録音してみました
modeAの左からからMIXは最大 他は12時での録音
最後は直列→並列

マニュアルには170mAの記載あり
そこそこの消費電力ですね
エフェクター同時使用時は173mAありました)

------------------------------------------------------

やはりこういったデジタルマルチの音質は値段相応ですね・・・
トレモロやビブラートは使いやすいですが
オクターブ、ワウはデジタル感がすごいです
まあMIXを最大、すべてのエフェクタを12時で録音しているので
つまみの塩梅を整えてあげれば大体のエフェクトが使える音になると思います
逆にデジタルらしい音づくりを出したければRINGなんかも飛び道具的には有用そうです

そしてタップテンポが搭載されているのもうれしいところ

長押しするだけですので簡単です

f:id:natirik:20201003151825j:plain


というかこのRシリーズは見た目がとても良きですね
friedmanコピーなんかはかなりの人気みたいです・・・
そちらも機会があれば試してみたいものです

【機材レビュー】MAD PROFESSOR SUPER BLACK FAC

今回紹介するのは比較的新し目なMAD PROFESSOR SUPER BLACK FAC

f:id:natirik:20200930224524j:plain
ブラックフェイス系のプリアンプが欲しく購入
本家のページではfx・リターン刺しがかなり推奨されているようですが、個人的にはアンプ直でもとても良いアンプライクなオーバードライブペダルな感じ


特にこの機種で興味深いのがpresenceツマミとcompressionスイッチ


Presenceツマミは高音域を調整するものです

ここの効きが良く、アンプ直ならほんの少し上げの7.8時くらい、リターン刺しなら12時以降お好みで
どちらもとても良い、ブラックフェイス系の高音域きらびやかなサウンドがここで調整できます


お次はcompressionスイッチ

ブラックフェイスの年代・モデルによってローエンドとコンプレッションの量に差異があるらしく、そこの違いを再現出来るらしい
スイッチを押す(右)直感的にここはコンプ感も増しますが、何よりGAINが上昇
Gainが最低値でも軽いクランチになる感じ、これが特にたまりません最高です
総合的にGAIN幅もひろめ

これのもひとつ良いところはSweet Honey Overdriveブースターとして着いているところ…
個人的にはtoneツマミも欲しかった
正直単体でも活用できますねこれ、これは言わずもがななブースター
このプリアンプとの相性もよさげです

f:id:natirik:20200930224503j:plain


せっかくなので録音してみました。
前回紹介したケトナーのredbox を使用
Fgnのストラト

最初はアンプ直 半分以降はリターン刺し



説明にある通り想像しうる限り最高の汎用性を備えたペダル…と言えると思います。
これ1台でブラックフェイス系のトーンがまかなえる程の十分なポテンシャルを秘めていると感じました。

サウンドハウス